【外資系社員が本気ですすめる】ビジネス英語の勉強に最適な英会話サービスランキング

英語学習

この記事はアフィリエイト案件を含みます

ビジネス英語の勉強のためのサービスはたくさんあるので、どれがいいか迷ってしまいますよね。

私自身も仕事でビジネス英語を使う必要があり、最適な英会話サービスを探していましたが、数が多すぎて探すだけでも一苦労でした。

結局、リサーチしたのは30社以上!

大変でしたが、その甲斐あって今はとてもコスパとタイパのよい英語の勉強が続けられていると思います。

そこで、今回は私と同じように

  • 外資系で働きたい/働き続けたい
  • 自分に合うビジネス英語が勉強できるサービスをみつけたい
  • できるだけ効率的に、コスパよく勉強したい

という人のためにこの記事を書きました。

私が実際に体験し、

ビジネス英語の勉強に最適

と感じた10社をランキング形式で紹介したいと思います。

この記事の信頼性
筆者
筆者
  • TOEICスコア975点
  • アメリカとカナダの帰国子女
  • 社内通訳/翻訳歴20年以上
  • 海外ドラマでの英語学習などの情報を発信中。海外ドラマとオンライン英会話で英語力アップを続けています

リサーチした英語学習サービスを分類するとこんな感じです。

30 school services

こうしてみると、ひとくちに英語学習サービスといっても

  • オンライン英会話
  • 対面式の英会話
  • 英語学習アプリ
  • 英会話カフェ
  • VR英会話
  • 英作文添削サービス

というふうに、いろいろな種類があります!

何を基準に選べば…?と迷ってしまいますよね。

今回ご紹介するランキングは以下に重点を置いています。

  • コスパ:毎月1万円前後におさまる
  • タイパ:すきま時間にもサッと学習できたり、直前予約、予約不要で利用できる
  • アウトプットの強化ができる:スピーキングとライティングを強化できる
えみぞう
えみぞう

平たくいえば

お金も時間も限られているけど、ビジネス英語のアウトプット力はしっかり伸ばしたい

という人向けです。

それではいってみましょう。

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:10位 Hanaso Biz

種別オンライン英会話
料金4,730円~/月
※その他プランあり
講師フィリピン人のみ
  • オンライン英会話で有名な「Hanaso」が提供するビジネスパーソン向けのスクール
  • 2019年から始まったサービスだが、すでに受講者数が10万人を突破しているほど人気がある

【メリット&こんな人におすすめ】

  • ビジネス英会話はちょっと高めのスクールが多いが、その中でも業界最安値レベルでビジネス英会話の基礎を身に着けられる
  • 英語業界で有名な関先生監修のプログラムに沿って進められるので安心感がある

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • フィリピン人講師メインのため、ネイティブから教わりたい人には不向き
  • 仕事で接するのがネイティブやインド系の人が多いなら、別のスクールと並行することを考えてもいいかも
えみぞう
えみぞう

リーズナブルにビジネス英会話を身に着けたい人にはぜひ候補に挙げてほしいサービスのひとつです。

・また、ビジネス英語にチャレンジしたいけど自分に合うかどうかがわからない…

・実際にはどんな雰囲気なんだろう…

・ふつうの英会話とはいったいどう違うの?

ということを知りたい、ビジネス英語入門編としてお試ししてみたい人におすすめです。

\ 無料体験1回可能! /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:9位 ポケット語学

種別学習アプリ
料金月額プラン 月1,078円
年間プラン 月899円(総額10,780円) 
※年間プランの方が2ヶ月分お得!
講師
  • NHK出版の語学講座をもとにした、スマホで学習できる英語アプリ
  • ラジオ英会話や中学生の基礎英語などの人気講座の内容がバックナンバーも含めて復習し放題

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • コースは6つあり、復習の仕方も穴埋め問題、リスニング問題等、いろいろな工夫がしてあって飽きさせず、続けやすい
  • フレーズ帳で苦手な部分をくりかえし学べる
  • 各レッスンのテストで実力をチェックできる
  • 自分のすきま時間にさっと勉強できる

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • 自分ひとりでコツコツと続けるのが苦手な人
  • 基礎的なビジネス英語、英文法にはすでに自信がある人
えみぞう
えみぞう

NHK語学講座は定評があるだけあって、しっかりとした内容で信頼がもてる講座です。

内容としては基礎力の強化が中心だと感じました。

そのため、すでに中級以上のレベルがあると感じている人には物足りないかもしれません

スマホアプリでコツコツ空いた時間にできるのも魅力。

ただ目標設定を自分の中で決めておくなど、続けるための工夫は自分でする必要があります。

似たサービスにスタディサプリがありますが、スタディサプリよりもシンプルで余計なものを排除したイメージです。

情報多めが好きな人はスタディサプリ、シンプルにサクサクやっていきたい人はポケット語学が合っているのではないでしょうか。

\ 定評あるラジオ英会話のバックナンバーまで使って学習できる /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:8位 スマートチューター

種別VR英会話
料金バリュー 月額19800円
スマート 月額24800円
プレミアム 月額34800円
講師AI
  • VR機器を使ってAIを相手に練習するユニークな英会話レッスン
  • 「訛りが強いインド系や中国系の同僚との雑談」など、レッスンコースが具体的でバラエティ豊か
  • Chat GPT機能も搭載済で、最新のAIを利用した英会話レッスンが楽しめる

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • 対人相手のレッスンではないので、人の目を意識することなくレッスンに没頭できる感覚が気持ちいい。生身の講師相手だとかえって練習しづらいと感じることがある人向け。
  • ビジネス向けの内容がメイン。同じシナリオをなんども練習できるので、短期集中で苦手分野の克服がめざせる

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • VR機器が重いので、30分ごとに休憩しながらの練習が必要
  • 生身の人間とフリートークを楽しみたい人には物足りないかも
  • 毎月の費用は少々高め
えみぞう
えみぞう

英語って地道に反復練習をしないとなかなか使いこなせない部分ってありますよね?

その反復練習にずっとつきあってくれるAIの英語レッスンは、いわば

「英語の壁打ち練習」。

他人の目を気にすることなく、自分の英語力とだけ向き合える没入感はくせになる気持ちよさです。

お値段は安くないので、期間を決めて使いたおし、短期集中で英語の基礎力をアップさせたい人向けといえます。

だいたい3か月を一つの目安として始める人が多いようです。

最近ではうわさの「Chat GPT」機能も搭載しており、アップデートに余念がありません。

新しもの好きで、今までの英語レッスンとひと味ちがって英語学習法を求めているひとにも一度試してみてほしいです。

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:7位 フルーツフルイングリッシュ

種別英作文添削サービス
料金チケット制。1枚550円~
講師日本人、英語ネイティブが選べる
  • 英作文添削サービスの老舗。英文メール添削から英検対策コースまで、豊富なコースがある
  • 添削者はプロの翻訳者やネイティブなので安心できる

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • ライティングの強化をしたい人向け。添削サービスのほか、無料で使えるコンテンツが豊富で楽しい。毎日出題される英語テストをこなすだけでも実力アップを実感できる
  • スピーキングがいまいち伸びないので、ライティングをしながら英語力を見直したい人にもおすすめ

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • UIがやや見づらく使いにくい
  • ライティングの必要性を感じていない人
えみぞう
えみぞう

お試し無料添削をはじめ、お金を使わなくても利用できるコンテンツがたくさんでお得なサービスです。

無料体験分だけでも英語力アップを実感できるサービスなので、登録しておいて損はないです。

また、スピーキングに行き詰まりを感じている人にもライティングの練習はとてもおすすめです。

どんなところが自分のウィークポイントなのか、自分の英語を添削してもらうと簡単にわかりますよ。

わたしも、英語力にそれなりに自信は持っていたものの、添削してもらった結果、前置詞の使い方や冠詞の法則をもう一度見直そうと思いました。

\ 英作文の添削チケットが2枚無料!有効期限なし /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:6位 イングリッシュベル

種別オンライン英会話
料金自動更新プラン(繰越不可能)
3,861円/月(5回)
6,336円/月(10回)
9,702円/月(20回)
17,721円/月(40回)

その都度購入プラン(180日間繰越可能)
4,290円/月(5回)
7,040円/月(10回)
10,780円/月(20回)
16,940円/月(40回) ※8:00~18:00限定19,690円/月(40回)
講師フィリピン人のみ
  • 通常の4倍速で英語をマスターできる「カランメソッド」を採用
  • カランメソッドをさらに応用させた「DMEメソッド」を採用
  • 国際品質規格であるISO(高品質なレッスンを提供するオンライン英会話だという認証)9001を日本で初めて取得

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • カリキュラムに沿って着実に英語力を伸ばしたい人向け
  • 講師はスーツ着用、オフィス勤務でプロ意識の高い人が多い
  • 24時間いつでも受講可能なので自分の都合に合わせやすい

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • 知名度が低いため、大手のブランド力にこだわる人には不向き?
えみぞう
えみぞう

あまり広告を出していないので知名度は他のスクールと比べると低いですが、カランメソッドをこのリーズナブルさで受けられるスクールはそうありません。

着実に基礎力を伸ばしたい人におすすめです。

(逆に、基礎にはもう自信ありという人には不要ですが)

カランメソッドは単語やフレーズを何回も繰り返し口から出すことによって、英語をいちいち母語に変換しなくても直接英語で口から出てくるようにするメソッド。

受講するとかなり疲れます!

でもこれ、講師にも相当な技量が必要なメソッドで、スムーズにレッスンを進めるには経験値が必要です。

その難しいカランのレッスンを教えられる講師がたくさん揃っているので、しんどくても「英語脳」が出来上がっていくのを楽しみながらレッスンが続けられると思います。

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:5位 Best Teacher

種別ライティング&オンライン英会話
料金月額12,000円(税込)〜
講師英語ネイティブのみ
  • SAPIX YOZEMIグループが運営するオンライン英会話
  • まずは英作文を作り、添削してもらいつつ完成したら、その英作文をもとにスピーキングレッスンをおこなう、他にはないちょっとめずらしいサービス

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • ライティングとスピーキングというアウトプットのための2つの力をまんべんなく伸ばせるちょっとレアなサービス。
  • ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンを受けられてこの価格(月額12,000円~)はリーズナブルかも

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • ライティングで講師とのやりとりを5回繰り返してからスピーキングレッスンに入るので、スピーキングレッスンに到達するまでに少し時間がかかる。とにかくたくさん話したい人には不向き
えみぞう
えみぞう

自分で話す内容をライティングしてじっくり添削してから話す経験は普段できませんよね!

無料体験だけでも実力アップを実感できますよ。

ただ、じっくり英作文をするのが苦痛で、とにかくたくさんアウトプットしたいという人にはスピーキングメインのオンライン英会話のほうが合っていると思います。

わたしもどちらかというと「質より量」という感じでたくさんスピーキングするほうが好きでしたが、英語力の伸びなやみがあり、一度じっくり自分の英語を見直したいと思ったときにこのサービスに出会いました。

特にビジネスの場でおこなう自己紹介などは先生が一緒により良い表現を考えてくれます。

無料体験だけですてきな自己紹介文が手に入れられますよ。

\ ハイレベルなレッスンを1回無料体験可能 /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:4位 ネイティブキャンプ

種別オンライン英会話
料金6,480円~
講師国籍130か国以上
  • 国籍130か国以上の講師と、24時間いつでも予約不要でレッスンが受け放題のスクール
  • カランメソッドなどのコースがあったり、毎日更新されるニュース記事があったりと、さまざまな英語学習に便利なサービスが揃っている

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • 予約不要でレッスンを無制限で受けられるというコスパ最高のスクール
  • とにかくリーズナブルに大量に英語のシャワーを浴びたい人向け
  • カランメソッドでしっかり英語の基礎力を鍛えたい人にもおすすめ

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • ネイティブとのレッスンをおこなうには追加料金が必要(6480円→9800円)
えみぞう
えみぞう

6480円でレッスン回数無制限というのは他に類のないサービスです!

いろんな国の先生と会話できるのも楽しいんです。

また、ネイティブキャンプのデイリーニュースという毎日更新される学習用のニュース記事はとても勉強になります。

無料会員登録するだけで読めるので、無料の英語学習を続けたい方はぜひ見てみてください。

個人的にはひたすら同じ学習を続けるのが苦痛なので、フリートークも楽しみつつカランメソッドも選択できる幅広さが学習に便利だと感じます。

\ 毎月6480円でレッスン受け放題 /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:3位 ビズメイツ

種別オンライン英会話
料金13,200円~
講師フィリピン人のみ
  • 2012年に設立された会社が運営する、ビジネス英会話専門のユニークなスクール
  • 講師は全員フィリピン人。必要に応じて日本語が使える講師からも教わることができる

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • ビジネス英語が体系的に学べる、めずらしいオンライン英会話
  • 在籍講師の質が高い!フィリピン人講師中心だけど発音がとてもきれいで、プロ意識の高い先生がほとんど
  • プログラムが段階式になっているので、上達の励みになる。レベルチェックをクリアしないと上のプログラムに進めないので本気で取り組む必要がある

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • ビジネス英会話に特化する必要がない人
えみぞう
えみぞう

ビジネス英会話を本気で身に着けたい人から圧倒的な支持を得ています。

とにかく講師のレベルが高く、きちんとトレーニングされている印象です。

フィリピン人講師ですが、訛りがなくきれいな発音の先生が多いです。

多くの企業に導入されている実績も豊富。

どの社員が今どのレベルにいるかが上司に報告されるシステムになっている企業もあるのだとか(笑)

英語が苦手な社員には気の毒ですが、これだけ強制力とかっちりしたカリキュラムがあると相当の英語力アップが見込めるすばらしい英語学習サービスだと思っています。

\ 会社の休憩時間にサクッと受講できる /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:2位 マイチューター

種別オンライン英会話
料金ポイント制と月額制あり。
月額制は
月8回コース 6,980円~
講師フィリピン人のみ
  • 英語圏での勤務経験のある講師を優先的に採用しているフィリピン人講師英会話
  • 職業別英会話にくわえ、IELTSやTOEFLなどの試験対策コースも豊富

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • 講師の数は約30名と少数精鋭。あまり知られていないスクールながら、講師の質が高いのでレッスン満足感が高い
  • 職業別英会話ではオックスフォード出版のテキストを使うなど、教材もレベルが高い
  • 英語圏に住んでいた経験のある講師が多いので、発音がとてもきれい

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • レッスン内容は講師に任されているので、自分に合う講師をよく探す必要がある
  • リーズナブルにたくさんフリートークをおこないたい人
えみぞう
えみぞう

ビジネス英会話にくわえ、職業別英会話も学習しなくては…と焦っているビジネスパーソンにはとてもおすすめです。

外資系で働くには英語のブラッシュアップも続けなくてはいけないし、でも自分の専門分野についても勉強し続けたり、新しい情報を仕入れたりする必要もあってとにかく忙しいです。

そんなときに、職業別の英会話をしてくれる英語学習サービスを使っているとかなりの時短になります!

そしてマイチューターはハイキャリアの講師が多く信頼できます。

英語圏での勤務経験が豊富で発音がきれいな人が多いです。

会社自体がそれほど宣伝に力を入れていないのか(笑)かなりマイナーなオンライン英会話ですが、個人的には一押しです。

\ 気になったら無料体験 /

外資系で働くための英語の勉強におすすめ:1位 EF English

種別オンライン英会話
料金8,900円
講師英語ネイティブのみ
  • 世界最大級のスウェーデン発の語学学校「EF Education First」によるオンライン英会話スクール
  • ネイティブ講師とのプライベートレッスン月8回にくわえ、世界中の生徒とのグループレッスンが回数無制限で受けられる

【外資系で働きたい人へのおすすめポイント】

  • ネイティブ講師とのマンツーマンをリーズナブルに受講できる。ネイティブとのレッスンは対面だと1回5000円、オンラインでも2、3000円台が一般的だけど、EF Englishは1000円台。しかもグループレッスンも受け放題でコスパは最高級
  • グループレッスンは外資系企業によくあるTown Hall MeetingやGroup Meeting の雰囲気。世界中の生徒の英語を聞くことができるので、いろんな訛りに耳を慣れさせることができる
  • 外資系で多国籍の社員と話す必要がある人に特におすすめ

【デメリット&こんな人には合わないかも】

  • グループレッスンが苦手な人には不向き
  • 解約システムがやや分かりづらく、直接事務局に電話をかけて解約しなければならない
えみぞう
えみぞう

ネイティブ講師から教わることができるだけでなく、教材の内容も実践的なので、生きた英語に触れられます。

また、外資系勤務の人や外資系で働いてみたい人なら、リアルに近いかたちのレッスンを受けられます。

わたしも、実際に自分が働いている会社でときどきAPAC branch meeting (アジア太平洋の国にある支店の各代表者が参加するミーティング)がおこなわれますが、それとほぼ同じ雰囲気です。

グループレッスンでは確認できなかった質問も、月8回まで受けられるネイティブとのマンツーマンレッスンでクリアにすることができます。

ただ、自分の疑問点を英語で質問できるレベルの英語力と積極性がないと難しいと感じるかもしれません。

\ まるでオンライン留学! /

外資系で働きたい人におすすめの英語学習サービス:まとめ

  • コスパ:毎月1万円前後におさまる
  • タイパ:すきま時間にもサッと学習できたり、直前予約、予約不要で利用できる
  • アウトプットの強化ができる:スピーキングとライティングを強化できる

という条件を満たすビジネス英語学習のためのサービスベスト10でした。

ビジネス英語は

「とりあえず外資系企業に入ってから勉強する!」

という人もたくさんいると思います。

何を隠そう私もそのタイプでした…。

が、何年も勤めてみて思うのは、

はじめから勉強しておいたほうが圧倒的に成長が早かったはず…!

ということです。

ていねいな催促のための言い回しや相手を尊重する表現など、あらかじめ勉強しておけばもっと自信をもって職場で働けていたなあと後悔することが多いです。

もし少しでも興味があったら、とりあえず初めてみる。そしてできるだけ続けてみることをおすすめしたいです。

外資系で働きたい人におすすめの英語学習サービス ランキングまとめ

30社すべての英語学習サービスの感想付記事はこちらです:

30 school services
えみぞう
えみぞう

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました