【外資系必見】インド英語が聞き取れない!対策はどうすればいい?

英語学習

当ページはアフィリエイト案件を含みます。筆者が実際に体験したサービスをレビューしています。

仕事でインド系の人と話す機会があるけど、ぜんっぜん聞き取れない…!

多少英語に自信持っていたけど、こんなに聞き取れないなんて…

もしかしたら自分の英語力は相当低いのでは…?

と思ったことはありませんか?

えみぞう
えみぞう

わかります!

英語力に自信がついてきても、相手の話していることが聞き取れないと凹みますよね。

えみぞう
えみぞう

特にインド英語、いわゆるHinglishは独特のアクセントがあって聞き取るのが一苦労。

でもコツをつかめば、意外と少しずつ分かるようになってくるんですよ

えみぞう
えみぞう

インド英語はなぜ聞き取れないのか

インド英語を聞き取れるようになるために、どう対策すればよいか

を紹介していきたいと思います。

私は現役の外資系勤務社員ですが、ITのサポートや事務作業などでインド系のスタッフと電話でやりとりする機会が時々あります。

たとえばITのサポートで電話するときは、こちらのPCで起こっている問題を伝え、相手の説明を聞くのですが、

え…今なんて言っているかまっったく分からなかった…

と愕然とすることが時々ありました。

こちらもPCが使えなくて焦っているし、自分のPCに起こっている症状を英語で伝えるのが精いっぱいだからかもしれませんが、

OK、%&C’?’>#$=!!!

という風に本当に何も聞き取れないことがあったものです。

「私、もしかして英語できないんじゃ…」

と呆然とすることもしばしば。

何回も

Could you please say that again?

(もう一度言ってください)

I’m afraid you are breaking up. Could you please type what you just said into the chat box?

(すみませんが回線の状況が悪いようです。今おっしゃったことをチャットボックスに入力してもらえませんか)

(本当はちゃんと聞こえてるんだけど…)

と冷や汗をかきながらお願いして、なんとかコミュニケーションがとれたこともありました。

でも、日本人がインド英語が聞き取れないのにはちゃんと理由があるんです

その理由を知り、対策を積み重ねれば、インド英語は必ず聞き取れるようになれます!

この記事から得られること
  • インド英語はなぜ聞き取れないかを解説
  • インド英語を聞き取れるようになるための対策ー慣れるのが一番!でもどうやって?
この記事の信頼性
筆者
筆者
  • TOEICスコア975点
  • アメリカとカナダの帰国子女
  • 社内通訳/翻訳歴20年以上
  • 海外ドラマでの英語学習などの情報を発信中。海外ドラマとオンライン英会話で英語力アップを続けています
えみぞう
えみぞう

それでは詳しくみていきましょう。

インド英語はなぜ聞き取れないのか

私自身も外資系企業勤務で、いろんな国のスタッフと直接話す機会があります。

でもその中でもインド英語は群を抜いて聞き取りづらいと感じてしまいます。

もちろん中にはクセのない英語を話す人もいて、そういう人に当たるとホッとしますが、そうじゃない人のほうが圧倒的に多いのではないかと思います。

なぜ聞き取りづらいかと考えると

  • 発音のクセがとにかく強い

の一言に尽きるのかなと感じています(もちろん日本人の英語も相手にとっては聞き取りづらいのでしょうが)。

ほかにも、インド系の人のコミュニケーションや英語表現はこんな特徴があります。

ダメ元で交渉してくる人が多い

→日本人からみると押し出しが強いと感じる

何回も同じ話をくりかえす

→何回も繰り返すのがていねいな話し方であるという文化がある

インド英語特有の単語表現がある

・名前 namegood name

・どういたしまして You are welcomeMention not

・とても very very very (重ねて強調することが多い)

これらの特徴も、インド人と仕事をするうえでは知っておいて損はないでしょう。

それでも、仕事をするうえでやっぱり一番攻略しておきたいのは「インド英語特有のアクセント」ではないでしょうか。

えみぞう
えみぞう

何を話しているかが分からないと、文字どおり話になりません…。

もっとも特徴的である、インド英語のアクセントについて簡単に説明します。

インド英語が聞き取れない!アクセントの特徴

インド英語の話し方の特徴について、大きく以下の5つをおさえておくだけで、ぐっと理解しやすくなると思います。

すぐに全部聞き取れるようになるわけではないですが、

もしかして今、こういうことを言ったのかな

と予測するヒントにはなってくるので、コミュニケーションがとりやすくなると思います。

  • 基本的にアルファベットをすべて発音する
  • 「R」はしっかり巻き舌で発音する
  • 「TH」は「T」と発音する
  • 「W」は「V」と発音する
  • 「F」は「B」と発音する

それではひとつずつみてみましょう。

インド英語が聞き取れない!特徴①基本的にアルファベットをすべて発音する

英語には「スペルには含まれているけど発音しない」という単語が存在しますよね。

サイレントレターと呼ばれています。

  • knowledge ノウレッジ
  • knife ナイフ
  • muscle マッソー
  • wednesday ウェンズデイ

など。

ですが、インド英語では、アルファベットをすべて発音する話者が多いです。

そのため、以下のようになるのです。

  • knowledge ノウレッジ → ノウレッジ
  • knife ナイフ → ナイフ
  • muscle マッソー → マスクル
  • wednesday ウェンズデイ → ウェドゥネス

こういったことを知っておくだけでも、インド英語が聞き取れないという問題を解決する手立てになってきます。

インド英語が聞き取れない!特徴②Rはしっかり巻き舌で発音する

インド英語というとすぐに思い浮かぶ特徴は、強いRの発音ではないでしょうか。

  • rain レイン → レレレイン
  • run ラン → ラララ
  • travel トラベル → トラララベル

というふうに、非常に特徴的なアクセントをしていると思います。

Rが多い単語が続くと、そちらの音に気をとられてしまい話の内容が入ってこなくなるほど。

耳を慣らしておくことによって、この音にあまり気を取られず話に集中できるようになってきます。

インド英語が聞き取れない!特徴③「TH」は「T」と発音する

次に特徴として挙げられるのは、「TH」の発音

日本人にとってもむずかしい発音ですが、インド英語では「TH」ではなく「T」と発音されることが多いです。

  • thank youンキュウ
  • thatット
  • there

という具合です。

THの発音は英会話でよく登場するので、これも知っておかないとやはり電話会議などで

「???」

となるはめに。

「多分、今 thank you って言ったんだろうな」

と耳が慣れてくると少しずつ予想がつけられるようになってくると思います。

インド英語が聞き取れない!特徴④「W」は「V」と発音する

これもなかなか手ごわい特徴ですが、インド英語では「W」を「V」と聞こえるように発音する人が多いです。

  • with ウィズ → ヴィ
  • where ウェア → ヴェ
  • what ワット → ヴァット

といった具合です。

Wの音も登場する単語がとても多いため、インド英語に苦手意識をもってしまう理由のひとつになりますね。

インド英語が聞き取れない!特徴⑤「F」は「B」と発音する

最後になりますが、これも曲者の発音です。「F」は「B」の音に変わるときがあります。

  • fire ファイヤー → イヤー
  • fix フィクス → クス
  • for フォー → ブォ

ここまでくると、文脈から何を言っているかを推察するしかないという感じになってきますね…。

というふうになかなか難しいインド英語ですが、ではどうすれば聞き取れるようになるのでしょうか?

インド英語が聞き取れない!とにかく何回も聞いて慣れよう

ひとことで言うと

解決策:慣れるしかない

という感じなのですが(汗

それでも慣れるために勉強するなら「楽しく、効率よく」したいところですね。

私は以下の方法で耳を慣らし、何とか「インド系SE、どんとこい!」と思えるようになってきたところです。

インド英語のアクセントに耳を慣れさせる方法3選:

  • オンライン英会話で慣れる
  • VR英会話で慣れる
  • インド映画などで慣れる

どれもオーソドックスな方法ですが、ちゃんと効果は実感できました。

しかも結構楽しい。

ただ、ちょっと間が空くとふだん耳にする機会がないアクセントなので、また聞き取れなくなってしまうことが多いです。

そうならないためにも、定期的に耳を慣らしておかねばと思います。

インド英語が聞き取れない!インド人講師のいるオンライン英会話で習う

ネイティブキャンプは24時間予約不要で、130か国以上の講師とレッスンできるコスパ最強のオンライン英会話。

国籍を限定して検索することができて、もちろんインド系の講師も在籍しています。

indian teachers

インド人の先生を検索すると、2024年時点で5人ヒットしました(インド英語に発音が近いといわれるパキスタン国籍の先生も入れると6人)

indian_teachers2

Hinglishネイティブの先生を相手にリスニング力を鍛えておけば、いざという時もあわてないで済むかもしれません。

注意点ですが、ほとんどの先生はきれいな英語を話すことができます。そのため、インド英語に耳を慣らす練習をしたいときは

Hinglishに慣れたいので、Hinglishアクセントで話してほしい。どうしても分からなかったら普通の英語を話してほしい

とリクエストして練習に付き合ってもらうことが必要かと思います。

\ 24時間予約不要!7日間体験可能 /

インド英語が聞き取れない!VR英会話でひたすら耳を慣れさせる

スマート・チューターはVRを使用してAIを相手に英会話を練習する、「英会話の壁打ち」のようなサービスです。

ビジネスシーンに特化しているのが大きな特徴です。

そして、システム・エンジニアに多いインド系の人の英語や中国人の英語のアクセントも取り入れたレッスンコースが用意されています。

VR機器を使用して、AIを相手にしゃべるので、恥ずかしいな…とか考える必要がまったくないです!

わたしはVR内に登場するインド人スタッフにひたすら同じ話を繰り返してもらいました(笑)

スマートチューターは数々の大企業に導入されている実績が豊富。

こちらのインタビューではヒューレット・パッカードでの導入事例を紹介してあります。

スマート・チューターではインドなまりの登場人物をはじめ、多国籍の英語話者が登場する点が英語研修に効果的であったと社内の方が述べています。

何回でも練習につきあってくれるのがVR英会話のよいところ。

しかも、自宅で気が向いたときに実践的な内容の英会話をインド英語訛りで聞けるのは、実力アップに最適です。

\ 3か月でTOEIC100点近くアップした人も /

インド英語が聞き取れない!インド映画で耳を慣れさせよう

近年ますます勢いを増すインド映画。

特にボリウッド映画は洋画とも邦画とも異なる、独特のストーリーとテンポが魅力ですよね。

バリエーション豊富なインド映画ですが、インド人が英語を使って話すお話もたくさんあります。

えみぞう
えみぞう

私のおすすめは「マダム・イン・ニューヨーク」と「パッドマン」!

どちらももともと英語が不得意だった主人公が少しずつ英語でコミュニケーションをとれるサクセス系の話だと、インド英語に耳を慣れさせるのに最適ではないかと思います。

インド英語が聞き取れない!インド映画「マダム・イン・ニューヨーク」で耳を慣らそう

英語ができないインド人のお母さんが主人公で、ひょんなことからニューヨークで英語を学習することになります。

専業主婦で英語ができず、家族にもなんとなくバカにされているお母さんが、少しずつ自立の道を歩みながら英語を身に着けていく、最後は感動で泣けるストーリー。

えみぞう
えみぞう

ニューヨークのカフェで英語が通じず、店員さんが怖くてパニックになってしまう場面は共感する人も多そう…

「英語学習の苦労あるある」も「英語学習の喜びあるある」も同時に楽しめるおしゃれな映画です。

監督はインド人女性で、自分のお母さんをモデルに構想を考えた作品だそう。

インド英語のアクセントに耳をなじませるにはおすすめの一本です。

インド英語が聞き取れない!インド映画「パッドマン」で耳を慣らそう

「パッドマン」はインド人男性が主人公。

平凡な男性が、妻のために生理ナプキンを普及させようと奮闘する、実話ベースのストーリーです。

えみぞう
えみぞう

インドの一部の地域では、女性の生理は穢れと考えられ、ナプキン自体ほとんど普及していなかったそうなんです

主人公は思いきりインド訛りの英語でしゃべってくれますし、インド人特有のコミュニケーション文化もわかってくるので、インド英語に慣れたい人にはおすすめしたい一本です。

インド英語が聞き取れない!まとめ

なにかとハードルが高いと感じるインド英語の聞き取りですが、慣れれば必ずコミュニケーションがとれるようになります。

ぜひ自分に合ったやり方で耳を慣らしていってみて下さいね。

英語に苦手意識があると、自分でも気づかないうちに会社でのコミュニケーションが消極的になっていってしまいます。

が、インド英語のヒアリングにも自信が持てるようになると、仕事で英語を使うのもますます楽しくなってきます。

英語学習は努力を裏切りません。

少しずつ英語ができるようになっていく快感を忘れずに、地道に続けていきましょう。

えみぞう
えみぞう

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました