英語日記は効果ある? 短期間で英語力アップを実感するための方法5つ

英語学習

この記事はアフィリエイト案件を含みます

英語日記を書いているんだけど、英語がうまくなった気が全然しない…

えみぞう
えみぞう

英語日記は英語力向上のためにいろんな人がおすすめしている方法ですよね!

でも英語がうまくなったと思えないと続けるのはつらいですね。

こんにちは、えみぞうです。

私は社会人になってから20年以上英語を勉強してきました

帰国子女だから英語なんて勉強する必要ないでしょ?

とよくいわれますが、そんなことは絶対になく、日々の学習の積み上げは欠かせません。

オンライン英会話も少しさぼると、たちまち

あれ?私、英語へたかも…

という感覚が芽生えてきます。

そんなわけでずっと英語は勉強を続けています。

英語日記は私も英語力を上げるためにとっている方法です。

今回は英語日記で英語力の上達を実感するためのコツを挙げていければと思います。

この記事の信頼性
筆者
筆者
  • TOEICスコア975点
  • アメリカとカナダの帰国子女
  • 社内通訳/翻訳歴20年以上
  • 海外ドラマでの英語学習などの情報を発信中。海外ドラマとオンライン英会話で英語力アップを続けています

それではいってみましょう。

英語日記の効果を挙げる方法:最初は2-3行でOK

いきなりたくさん書こうとすると毎日続きません。

はじめのうちは、2-3行でいいから書いてみようという軽い気持ちで始めることをおすすめします。

えみぞう
えみぞう

意外と書くことないな~とか、同じ毎日の繰り返しだな~と感じて、ネタ探しで一日中悩むこともあります…

2-3行でも、最初は難しく感じると思います。

慣れてきたら5-6行、9-10行、というふうに長さを伸ばしていきましょう。

英語日記の効果を挙げる方法:SNSに英語日記をアップする

自分の中だけで完結せず、SNSなどで誰かの目にふれるところにアップすると、緊張感が高まってしぜんと文章をブラッシュアップする癖がつきます。

  • 使ったことのない単語や表現を使うようになる
  • 文法が正しいかを慎重に確認するようになる
  • もっと自然な言い回しはないか?とブラッシュアップしたくなる

私はときどきツイッターに英語日記を書いてアップしますが、「いいね」やリプライがもらえるのもうれしくて、モチベーション維持に役立ちますよ。

また、ほかの人の英語日記を見るのも

「こんな言い回しがあるんだな」

「自分もこのトピックで明日日記を書いてみよう」

というふうに勉強になります。

英語日記の効果を挙げる方法:ニュースをネタに取り入れる

英語日記にかぎらず、日記につきものなのは

ネタ切れ」。

なんか私、同じ毎日を繰り返してない…?

と凹むことも(笑)

そんなときはニュースネタを取り入れてみるのがおすすめです。

たとえば

「今回のG7は成功したと思うか」

といった固いネタから、

「来期のドラマとアニメの作品が発表されたが、気になる作品はあるか」

といったやわらかいネタまで、気になったものについて書いてみます。

ふだん書かないトピックにふれると、新しい単語をインプットする機会にもなります。

また、オンライン英会話サービスに登録しておくと、大手のところであればたいてい毎日1つ英語ニュースをピックアップして教材にしてあるのを無料で見ることができます。

それを読んで、感じたことを日記にまとめるというのもアリですよね。

ネイティブキャンプやレアジョブはニュース教材を毎日アップしてあるので、ネタに困ったら参考にしてみてください。

\ 無料体験で120か国以上の講師とおしゃべりできる /

英語日記の効果を挙げる方法:AI翻訳を活用する

今はやりのAIをフル活用して英語日記を書くのもひとつの方法です。

私のおすすめは

  • Grammarly
  • DeepL

の2つです!

今をときめくChat GPTも英文添削してくれますが、まだ精度が低い印象なので私はあまり使っていません。

それでも試しに添削をお願いしてみました。

たとえばこんな感じです。

こころよく引き受けてくれて、一言コメントもしてくれます(笑)

カンマや、正しい文章に直すための補正をしてくれる感じですね。

文法的な正しさという意味ではやはりGrammarlyは手放せません。

PCが多少重くなりますが、気になる人はインストールしてみてください!

また、DeepLはドイツで誕生したAI翻訳ツールですが、Google翻訳よりも精度が高く、語彙の提案もしてくれるところが気に入っています。

AI翻訳を使うと、一気に英語がうまくなった感覚が得られると思います。

英語日記の効果を挙げる方法:プロに添削してもらう

AI翻訳は便利!上達が実感できる!

と書きましたが、それよりももっとおすすめな方法があります。

それが、毎回でなくてもいいので

「時々、英語がうまい人に日記を添削してもらう」

という方法。

AIではなく英語のプロに添削してもらうメリットはなんといっても

  • なぜこの表現を使ったほうがいいか解説をしてくれる
  • 文脈に沿って修正をしてくれる

という2点に尽きます。

たとえばこんな文章を考えたとします。


I think a cap on personal income will restrict free competition and people will not make effort to gain more income, so I am against this idea.

個人所得に上限を設けると、自由競争が制限され、より多くの所得を得るための努力をしなくなると思うので、この案には反対です。

これをChat GPTの場合、このように添削します。

【修正前】I think a cap on personal income will restrict free competition and people will not make effort to gain more income, so I am against this idea.

【修正後】I believe that implementing a cap on personal income would hinder free competition and discourage individuals from making efforts to increase their earnings. Therefore, I am against this idea.

修正した根拠をたずねてみると:

文章の明確さ: より明確な表現を使用しました。オリジナルの文章では、”restrict”という言葉が使用されていますが、具体的に何が制限されるのかが明確ではありません。私は代わりに”hindering free competition”というフレーズを使用しました。これにより、自由な競争が阻害されるという具体的な意味が伝わります。

論理的な流れ: オリジナルの文章では、”people will not make effort to gain more income”という主張が一続きになっていますが、具体的な理由や背景が不足しています。私はその背景を明確にし、個人の収入に制限がある場合、人々が収入を増やすための努力を減らす可能性があるという結論を導き出しました。

主張の明確化: オリジナルの文章では、反対意見に対する主張が曖昧でした。私はより明確に、個人の収入に制限を設けることは自由な競争を妨げ、人々の収入増加への意欲を低下させる可能性があるため、このアイデアに反対しているという主張を表現しました。

長いな…。

とはいえ、うーん、なるほど…参考にはなりますよね。

ただ現時点で、AIがこわいのは

どこまで正しいことを言っているかわからない

ということ。

うのみにするのは危険な感じがします。

あと指摘の内容も、まあごもっともなんでしょうけど何となく腹落ち感がありません。

おそらく原文が相当修正されてしまったからでしょう。

そこで、英語添削のプロにお願いしてみるとこんな感じになります。

【修正前】I think a cap on personal income will restrict free competition and people will not make effort to gain more income, so I am against this idea.

【修正後】I am against this idea because I think a cap on personal income will restrict free competition and people may not make an effort to earn a higher income.

修正の根拠については下記の説明をいただきました。

・まずは自分の意見から初めてその説明を加えるのが英語式かと存じますので、そのように置き換えてみました。

・人々が所得を上げる努力をするかしないかは断定はできないので、will -> mayに変更しております。


・make an effortのanが抜けていたので加筆しました。

・また、income につく動詞ははgainではなくearn、多い、少ないは英語ですと high かlowかの表現なので、こちらも変更しております。

な、なるほど…!

AIの指摘ももっともですが、人に指摘してもらうと腹落ち感がちがいます!

  • 最初に結論をもってくるのが英語式

という大事なところをまず指摘してくれていますし、

  • make (an) effort という冠詞の抜けを修正

という、Chat GPTにはなかった指摘もあります。

なんでこれだけ腹落ちできるかというと

  • 解説がわかりやすい
  • もとの文章をできるだけ残そうとしてくれている

という2点に尽きるかと思います。

こんなふうに、書き手の意図を汲み取りながら修正し、修正した理由をわかりやすく解説してくれるのが、英語のプロに直接添削をお願いする強みです。

この解説つきなら、確実に次回に生かすことができるので自分の英語力がアップする気がしませんか?

わたしのおすすめの英文添削はフルーツフルイングリッシュとアイディーです。

英語日記の効果を挙げる方法:まとめ

英語日記は一人で黙々とやっているとなかなか上達を実感しにくいものですしマンネリ化してしまいます。

SNSや添削サービスを使って、ほかの人の目を意識しながら書くと断然に上達するので、ぜひ試してみてください。

英作文がすらすら書けると、ますます英語楽しい!という気持ちになって学習のモチベーションになりますよ。

えみぞう
えみぞう

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました